FC2ブログ
 

小田原マダムのひとりごと

名残惜しい春に・・・

昨日はかなり気温が上がって、
一足飛びに初夏のお天気になりました。

ティーサロンでは急きょ予約のお客様があり、
またフルーツポットティーのミニお茶会を開きました。

teafood1.jpg

八重桜の塩漬け「桜花漬」をふんだんに使って、
桜スコーンを焼きました。

teafood2.jpg

この桜花漬は、神奈川県西部の丹沢山麓に栽培された濃紅色の八重桜(品種:関山)を
梅酢と食塩だけで丁寧に漬け込み、十分熟成させたものだそうです。

保存がきくのでお料理にはもちろん、お菓子作りにも重宝です。
スコーンを作る時は、桜花漬を水洗いして、軽く塩抜きをして、
生地に混ぜ込みます。
桜のほのかな香りが楽しめます。

生地にピンク色をもっと出したい時は「紅麹パウダー」を使うと
自然な色に仕上がります。

teafood3.jpg

今回は、抹茶フィナンシェ生地をマドレーヌ型に入れて焼いてみました。
(このマドレーヌ型は私のお気に入りなので)
元来フィナンシェ型で焼いたお菓子が金塊に似ているところから
「フィナンシェ」という名前がついたので、
マドレーヌ型で焼いたらなんという名前になるのでしょう・・・

マドレーヌもフィナンシェも似たようなお菓子ですが、違うところは、
マドレーヌは全卵、フィナンシェは卵白のみを使う点、
マドレーヌは溶かしバター、フィナンシェは発酵バターを焦がしバターで使う点、
フィナンシェにはアーモンドパウダーを入れる点、などが挙げられます。
食感もフィナンシェの方が卵白のみを使っているせいか少し軽い感じがします。

だいぶ作り方がうまくなった(自画自賛ですが)パンナコッタを添えて・・・
teafood4pg.jpg

フルーツポットティーはいったん今月で終わりにして、
5月からはアイスティーのアレンジメニューが復活です。

5月のティーサロンは次の日程で開く予定ですので、
ご来店お待ちしております。

小田原お堀端通り ナックグレース館2F 
ティーサロン 「サロン・ド・K」
5月5日(土・祝)  11:30~16:30
5月12日(土)   11:30~16:30
5月19日(土)   13:00~ 「紅茶の美味しいいれ方とクリームティーの体験教室」
           (体験教室のお申し込みは小田原箱根商工会議所へお願いいたします)

スポンサーサイト



PageTop