FC2ブログ
 

小田原マダムのひとりごと

フルーツポットティーのお茶会

6月のお茶会のテーマは、「ニルギリとフルーツポットティーを楽しむ」

最初にニルギリという紅茶の特徴を説明したあと、
ストレートと、オレンジを入れたシャリマティーを楽しんでいただきました。

ニルギリは、ダージリンやアッサムと同じインドの紅茶ですが、
南インドが産地で、セイロン(スリランカ)の紅茶にも似ています。
あまり自己主張の強くない紅茶で、アイスティーや、
フルーツティーなどのバリエーションティーのベースにもよく使われれます。

フルーツポットティーの作り方をデモンストレーションでやりました。

まず、フルーツの準備から。
リンゴ、オレンジ、ブドウ、キウイ、パイナップル、メロン、
そして、季節によってはイチゴやチェリーなどを適当な大きさにカットして、
フルーツティー カップ4杯分で、フルーツを小ボール1杯ぐらい用意し、
手鍋で煮る用と、直接ガラスティーポットに入れる用とに分けておきます。

ここでの裏ワザは、モモのシロッップ漬(缶詰)をスライスして入れること。
手鍋にフルーツ、シロップ(適量)、熱湯150mlとともに入れて軽く煮ると、
一緒に入れたフルーツの香りと味がぐーんと引き立ちます。

fruit3.jpg

次に、ガラスのティーポットに残りのフルーツを入れて蜂蜜(適量)を加えたものに
手鍋の煮汁(150ml)を入れて軽く混ぜ、ティーウォーマーで温めておきます。

ベースの紅茶には、前述のニルギリを使います。
別のポットで、茶葉10gに熱湯450mlで淹れます。

フルーツの入ったガラスのティーポットに、淹れた紅茶を注いで、
ティーウォーマーの上で、しばらく(10分以上)味をなじませて出来上がり。
フルーティーな紅茶は皆さまに大変好評でした。

fpt3.jpg

後半はお待ちかねティータイム。
今回は、レモンケーキと、マンゴー&紅茶のゼリーを作りました。

レモンケーキは生地にレモンの皮とサワークリームを入れて焼いて、
レモン果汁のアイシングとココナッツスライスをトッピング。

マンゴー&紅茶のゼリーに使った紅茶は
フルーツポットティーのニルギリ(青い山)にかけて、
B&B社の「ブルーマウンテン」というフレーバードティーで作りました。
爽やかな風味でマンゴージュースとの相性もバッチリでした。

cake4_20130630231346.jpg

お出しした紅茶は、ウェルカムティーに
ダージリン1stフラッシュの水出しアイスティー。
次に前述のニルギリとフルーツポットティー。
そして最後のしめは、B&B社のキャラメルティーをガレットと一緒に。

tea3_20130630231355.jpg

今回はフルーツティーの事前準備がちょっと大変でしたが、
あっという間の2時間、楽しいお茶会になりました。

set4.jpg

7月のお茶会は「フランスの紅茶を愉しむ」というテーマで開催する予定です。

スポンサーサイト



PageTop