FC2ブログ
 

小田原マダムのひとりごと

5月のプライベートレッスン

5月のお茶会はプライベートレッスンでした。
今回は娘のママ友のお宅で、ティーセミナー&お茶会を開催しました。

set4_20140601141058735.jpg

午前中の雨もやんで、明るい日ざしの差し込む中、
広いリビングのテーブルにティーセットをセッティング。
早速、紅茶のおいしいいれ方からスタート!

demo4.jpg

まずはイギリス式のゴールデンルールの説明とデモンストレーション。
ミルクティーやシャリマティーのアレンジティーも・・・

次にフランス式のいれ方の説明とデモンストレーション。
今回もマリアージュ・フレールのかわいいポットが大活躍です。

french6.jpg

一通り講義が終わったところで、いよいよお待ちかねのティータイム。
事前準備の時間があまりなかったのですが、
クッキー以外のお菓子は、徹夜で頑張って手作りして運んできました。

cake9.jpg

ハート型の抹茶のフィナンシェ。
バラ風味のマドレーヌは、バラ型できれいに仕上がりました。
生地はしっとり系です。

クッキー類は紀伊国屋さんで購入。
チーズパイはさっぱり塩味で、味のアクセントに・・・

cake10.jpg

フルーツケーキやレモンケーキも上々の出来だったと思います。
レモンケーキのレモンは瀬戸内レモンを使って、生地に表皮も入っています。
粉糖をレモン果汁で溶いたアイシングの爽やかな酸味がポイント。

tea5_20140601141059f67.jpg

ウエルカムティーは、ダージリンのファーストフラッシュの水出しアイスティー
今回はサングマ農園のSFTGFOP1
味がまろやかで香立ちも爽やかなティストです。

ホットティーは、
最初にマリアージュ・フレールの「THE EN PROVENCE プロヴァンス」
「きらめくアロマに満ちたフランス南部のひととき」というコンセプトです。
レッドベリー、ブラックベリー、ラベンダー、ローズの香り・・・
期待通り、上品な味と香りにうっとりでした。

次にベッジュマン&バートン(B&B)の「POUCHIKINE プーチキン」
レモン、オレンジ、ベルガモットの柑橘系フルーツの爽やかな酸味と香り・・・
B&Bのパリ本店では一番人気の銘柄だそうです。

cake11.jpg

最後にベークドチーズケーキと共に、
ニルギリのクオリティーシーズンティーで締めくくりました。

cheese4.jpg

ニルギリシーズナルは、
先月Gclefさんで購入した「グレンデール農園」のFlowery Pekoe

1杯目はストレートで、ローズジャムを舐めながらのロシアンティー。
2杯目はオレンジを入れたシャリマティーにして。
どちらも大変好評でした。

今回は7名が参加でしたが、ママ友とあってお茶会が盛り上がり・・・
気づいたらすっかり夕方になっていました。
皆さま、紅茶の魅力をしっかりわかっていただけたでしょうか?

後日談ですが、この日は肉体労働に徹した私は、
重い荷物を運んだせいですっかり筋肉痛に。
ティーインストラクターは体力勝負・・・とつくづく実感したのでした。

スポンサーサイト



PageTop